スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンギ空港:スーパーマーケット

チャンギ空港、普段は見ない角度からシリーズ(笑)その2です。

空港内の飲食店や雑貨店ってすっごく、高いですよね。
それに、「あ、買い忘れた!」って思うことありませんか?

そんな時、ローカルスーパーマーケットで買っとけば良かったなーって思うこともしばしばだと思います。

でも、ご心配なく!
シンガポールチャンギ空港内にはあるんです。

第1、第2ターミナルそれぞれにスーパーマーケットが併設されています。
場所は、いずれもターミナルB1です。

ターミナル1は、「コールドストレッジ」↓

airp_sm1.jpg

ターミナル2は、「フェアープライス」↓路線バス乗り場前

airp_sm2.jpg


どちらのスーパーマーケットも街中にある普通のローカルスーパーで、品揃えもほぼ同じです生鮮食品(野菜、果物)や生活雑貨、飲料、食品、文具等など。
日本へは果物の持ち込みはだめなのですが、こんなに簡単に手に入ると持ち込みたくなるかも。

また、強いて言えば、コールドストレッジの方が品揃えは豊富でした。

ちょっとした旅のお供の買い物や、ローカルなお土産を買い忘れた時なんか便利です。(私は必ずどちらかに寄ります。)

出発までお時間があれば、出国手続き前に寄ってみてはいかがでしょうか?意外なローカル食品に出遭えるかも。
(シンガポールならではの、チリソースやローカルソースの品揃えも良かったですよ。あと、ドライマンゴーとか。)
コメント

コールドストレッジ

コールドストレッジはシンガポールで最初に行ったスーパーです。高島屋に行って一階インフォで「食料品はどこに売っていますか」と聞きましたら、「コスト立地、ベースメン」と言われました。

立地のコストとバンドのベーシストが何だと言ってるのか、しばらく考えていたのですが、しばらくして地下というのだけ判りました。地下のコストが良いというのかな・・・などと考え地下に下りたら、コールドストレッジがありました。

ゴーストレート

Gucciさんのコメントを読んで以前体験したことを思い出しました。
自宅からコールドストレージへ行こうとタクシーを呼んでやって来たタクシーのドライバーに「コールドストレージまで」って言ったら通じない。いろんな発音で何回も試しても通じない。もういいやっ、とりあえずまっすぐ行ってと「ゴーストレートやっ」って言ったら見事に通じて「あーCold Strageか」って。笑い話みたいですが事実です(笑)

発音

■Gucciさん

確かに、コールドストレッジの発音は難しいかもしれませんねぇー。
私も伝える自信がないです。
立地はまさにその発音だと思います。「ジ」でなくて「ッチッ」って感じですよね。

■grappelliさん

おー、ゴーストレートでもいけるんですね(笑)
やっぱり、シングリッシュは聞き取るのもそうですが、発音も難しいですね。
でも、コミュニケーションを取るには相手のわかる発音にするのが一番なのかな。
 

通じない

私は何回いっても「フラトンホテル」が
通じません
それから「オーチャードエメラルド」も

前者は「ゴーマーライオン」
後者は「インフロントオブサマセット」
で事足りてますが(笑)

マーライオン

■Bさん

私は、「マーライオン公園」がどうしても通じないです。
どうやら、「メッライオンパッ」と言うと通じそうです。
うーん、難しいです。

結局、通じなくて、
「シンガポールの象徴だよー。」と言ったら、「あー、メッライオンパッねー、オッケーラー」とわかってくれましたが。

「だから、最初からマーライオン公園だって言ってるのに(泣)」
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。