スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訓練じゃなかった!!

今日は、土曜日で仕事もお休みなので、
ちょっと買い物にオーチャードロードにある高島屋に行きました。

が、行かなければよかったのかも。。。

本を買いに、高島屋3Fにある紀伊国屋の中を、
本を片手にうろうろしていたら突然

ジリリリリリーーーーーン!!!
非常ベルの音

???

ま、日本でもよくある、いたずらか間違っちゃたか何かでしょ?
と思いながら、そのまま本を読んでいると、再び、

Woooooo!!

今度は、ちょっとやばめなサイレンの音

そして、その直後、

「ALL PASSENGER, ALL PASSENGER, WALK DOWN, WALK DOWN!!」

とアナウンスが入り、店内が異様な雰囲気に包まれた

「え!?訓練じゃないの?本当に火事??」

こう考えている間にも、どんどん人が外に出て行く

こういう時って、なんか変に冷静で、手にたくさん持っていた本を持って出るわけにも行かず、何故か、レジに向かってしまう私
(この時点でたぶん頭の中がパニックになっていたんでしょう)

そんな私を店員が非常階段へ誘導してくれて、適当に近くの本棚に持っていた本、数冊をごっそりと奥に押し込んで、とりあえず、非常階段へ。

でも、デパートの3Fって結構高いのです。
階段下りても下りてもなかなか下に着かない!

後ろから後を付いてきた家族連れも、もうかなりパニック状態になってるし、下についてドアの鍵が閉まってたら!どうしようと相当不安になりながら、逃げました。

なんとか無事に外に着いて、外から高島屋を見上げると煙も出ていないので、ぼやか何かだったのでしょう。

ただ、外に出てもまだサイレンの音は鳴り響いていましたけど

ということで、とりあえず、無事に???帰ってこれました。
それにしても、恐かったです

最初に英語のアナウンスが入ったんだけど、全然聞き取れなくて、周りの様子で理解した感じ。外国で異常事態にあったら、本気でヤバイと思いました....

↓今日の高島屋。外見からは特に変わった様子なし。

kajinee.jpg

コメント

警報

こちらは湿度が高く電気接点が
絶縁不良になりやすいのか誤警
報いろんなところでよくありま
す。私の工場でももちろん
狼と少年になって本当の火災の
ときにみんな逃げないのではな
いかと心配しています。
実際に避難されたのなら、いい
訓練になりましたね(笑)

危なかったですね。

こちらの人は普通走ることがないので、大丈夫と思いますが、階段を歩いて下りるときの怪我が怖いですね。

ところで高島屋と言えば「墓地の跡地だから夜になると幽霊が出る」という逸話はまだ健在でしょうか。ローカルがいつも話題にしてました。

無事でなにより。

無事でよかったですね。結局本は買ったんですか?
海外で日本の日常にないことを体験すると妙に実感がないですよね。私もNYであることがありヒスパニック20~30人に囲まれたことがありましたけど、映画のワンシーンでも観ているかのように全く身に迫っている危険を感じませんでしたからね。日本人って特にそういう時に判断して自らの身を守ることは苦手の国民のようですから気をつけてください。

その後

■Bさん

こっちって誤報が多いんですか?
日本ほどいたずらとかないから、少ないと思っていたんですが、逆ですねー。
(その昔、私も押しちゃったことあるけど。。。)

非常階段って非常時しか使わないから(当たり前ですが)結構、汚かったです...
それに、降りるときって、あせってるから、すっごく転んでしまいそうです。
後ろから駆け下りてくる家族も転びそうで、こうやって将棋倒しになるのかも...とちょっと危機感を覚えました...

■Gucciさん

そうなんですよねー。
のんびりしている感じですけれど。でも、今回は結構あせっている人もいましたよ。

えー、高島屋って元墓地だったんですか!?
知らなかった...霊感は無いので、幽霊なんて見たことはないのですが、そういわれるとなんだか怖いなー。

■mukaiさん

結局、本は、「買いました!(笑)」
その後、高島屋の周りをぐるーって回りながら、観察しつつ、大事でもなさそうだったので、店内に戻りました。
そうしたら、何事もなかったかのように、普通にお客さんがいて、普通にみんな本を選んでいましたよ。

ただ、折角隠しておいた、集めた本は(笑)すっかり片付いてしまっていて、また探すのが逆に大変でしたけど。だって、1冊しか在庫が無い本とかもあったので、大変でした。

mukaiさんも、そんな体験されているんですねー。
で、大丈夫だったんですよね???
 
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。