スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MRT: Pungol駅

今日は、バスターミナルに引き続き、
新しい路線の終点の駅「Pungol(ポンゴー)」のご紹介です。

このMRTは、NE線(North-East Line)と呼ばれ、セントーサ島の入り口である「ハーバーフロント駅」から「ポンゴー駅」までシンガポールを南から北へ貫く新しい路線として、3年前に完成しました。

オーチャードやチャンギ空港などに乗り入れているMRTとは、会社がことなり、これらはSMRT社であるのに対し、NE線はSBSトランジット社により運営されています。この2社とも路線バスも運営していて、シンガポール市民の重要な足となっています。

▼Pungol駅:駅名は英語・中国語・インド語で表記されています。


▼駅のには、ホーム扉が付いていて、安全対策も取られています。
 また、そのおかげで地下鉄の駅はエアコンが効いていて快適です。
pungolst2.jpg

そして、これがNE線の車内
椅子はあいかわらず、プラスチックですが、形がとても可愛いです。
また、通路の真ん中に手すりがあって、便利なような邪魔なような(笑)感じ。

pungolst3.jpg

ということで、久しぶりに乗り物ネタでしたー。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。