スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Farewell Lunch

今日は(一応)退職日だったので、会社が送別ランチを開いてくれた。

一応という意味は、今日は会社に退職願を提出して、
ちょうど1ヶ月目の書類上の退職日です。

明日から金曜日までは、パートタイマーとして働く事になります。
本当の最後の日は、今週の金曜日。

だから、なんとなく今日が退職日って気がしない。

さてさて、送別ランチ(Farewell Lunch)は、会社にケータリング
サービスを頼んで、こじんまりした感じの立食会でした。

↓これが、その料理。




私の同僚のマレーシア人が、イスラム教徒なので、
これは「ハラル」フードなんです。
(イスラム教の教徒は、豚を食べないし、その他の肉類は決められた
方法で処理されているものを食するそうです。)
これは、ハラルのChinese料理でした。

なかなか美味しかったです。それに結構ボリュームがあって、
みんな食べきれないくらいでした。

さらに、驚いたのが、なんと会社のみんなでカンパをして、
贈り物を頂きました。

それが、コレ↓です。

t_farewell060306_16.jpg


99.99%純金の金貨とメッセージカード。

ちなみに金貨は、今年の干支の戌が描かれていました。

t_farewell060306_17.jpg


なんだか、想像もしていなかったので、思いがけないプレゼントに
ちょっとびっくりしましたが、嬉しかったです。

これ渡される時に「ここに居たことの思い出として・・・」と。

この会社で働いてちょうど1年半。
いろいろ大変な事、嫌なこと、腑に落ちないこと・・・などいっぱい
ありました。もちろん、ここで働いたからこそ得たもの、楽しかった
こともいっぱいありました。

今はまだ明日も会社に行くので全然実感がないんだけれど、
きっと日本に帰国して、この金貨や写真を眺めながら懐かしく
思い出すんだろうなと思います。

シンガポールで働いて、本当に大変なことがたくさんありました。
でも、その分、いろいろな人に助けてもらい、また日本を一旦離れる
ことで気づくこともたくさんありました。

この国での2年間の経験は、私の人生にとって、きっとかけがえのない
経験と想い出になると思います。

シンガポールでの生活もあと10日間。
あっという間に過ぎ去ってしまうのかもしれませんが、
残された最後の時間をたくさん楽しんで、帰国しようと思います。

テーマ : シンガポール - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。