スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ編: タイ ハ 東京 デシタ。

昨日、タイ旅行から戻ってきました。
行き先は、バンコクだったのですが、
到着して一夜明けてからの私の印象は、

「お、東京だ!」

20050222084629.jpg

でした。なんだか、懐かしい、ごちゃっとした感じ。
電信柱に電線。
高さの揃わない、大小さまざまなビル。
なんとなく、光化学スモッグ気味な空。

いやー、懐かしい。
東京っぽい。
旅行中、この印象ばっかり。

シンガポールとは全然違う、空間。
シンガポールは、妙に均一化された建物が多く、
原色を使った、塗装。
電線は全て地下に埋めてあり、目に付くことは無い。
街路樹の多くは椰子系の南国樹木。

20050222084638.jpg

変に、作られすぎなシンガポールから、そうでないバンコクは
私にとって、まさに東京そのものでした。

空の色も、夏の東京そっくり。
晴れてはいるけれど、なんとなく排気ガスが溜まっている感じ。
町もきれいなところもあれば、汚いところもある。
でも、それがなんとなく懐かしい。

そんな感じがバンコクにもあった。

20050222084646.jpg

そして、バンコクにリピーターが多いのも納得。
とっても、人が暖かいし、笑顔が可愛いのである。
さらに、マナーがとっても良い。
嫌な気分になることはなかった。
電車の中でも、日本と同じようにみんな静かに乗っている。
どこぞの国とは大違い。

私もまた、行ってみたいと思う国の一つとなった。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。