スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクドナルドその2

前回、マクドナルドの面白バーガーを紹介しましたが、
今回は、実際に食べたところを激写?しましたので、ちょこっとご紹介。
以前の記事はこちら

チキングリルバーガーです。
(となりのポテトはバーガーが来るまでに半分くらい食べてしまいました...)

mac1.jpg

↑結構、デカイと思いませんか?
 ポテトは、Mサイズです。

パッケージ裏の説明書きには、真ん中を開けると食べやすくなるという絵が描いてあります。

mac2.jpg

ということで、その通りに開けてみました。

mac3.jpg

↑こんな感じ。
 ナン風の黒ゴマ入りもっちり生地に、チキンフィレ2枚トマトの輪切り2枚に、レタスいっぱい入っています。
私は、チリソースを加えるともっといい感じになると思うので、お薦めです。

mac4.jpg

そして、パッケージの裏には、こんなかわいいイラストが...

mac5.jpg

「ドナルドからのお願いです、ゴミはゴミ箱へ捨てましょうね!」

そして、今プロモーション中なのが、これ↓

mac6.jpg


私的には、2枚もいらんのだけどのぉー。
食べてみたい方は、ぜひシンガポールのマクドナルドへ!
コメント

チキングリルバーガー美味しそう

もちもちの皮が美味しそうですね。昔アメリカ限定で「Fajitas(ファヒータ)」という名前で売っていたメキシカン風のメニューによく似ています。まうさんお好みのようにチリソースとよく合うんです。何個でも行けるので用心してました。これ、食べてみたいです。

魚フライ2枚はさみは、さすがに見ただけでお腹一杯になりそうですね。

マクドナルドで覚えてるのは、
・バイトのお姉さんではなく、おばちゃん(というより、お婆ちゃん)が多かった。
・そのおばちゃん(というより、お婆ちゃん)は結構中国語Onlyの人も多かった。
・マックシェークがなかった(?)
事です。
あと、私がいた頃にハローキティーの人形を週替り配ったのですが、学校や会社をサボって収集に走る人が続出し社会問題になり(Straight Timesでも取り上げられた)、中止になったことがありました。

ところ変われば、ですかね。

マック

チキングリルバーガー美味しそうだね。
周りの皮と野菜も沢山入っているところが○

フィレオフィッシュは今、日本でも100円で
売っていてお得です。

もう、2回食べました。

バーガー

■Gucciさん

もちもち皮はおいしいですよー。
それに、追加でチリを入れるのがグーです。

フィッシュバーガーの2枚重ねは私も要らないです。
でも、あれもタルタルソースより、チリソースの方がおいしい気がするのは私だけでせうか?

■hiroさん

た、確かに、ここのマクドナルドっておばあちゃんが多いです。
しかも、ちゃんとマックのユニフォームを着こなしているところが好きです。

それに、マックシェークはないですねー。
代わりに、25セントのソフトクリームはありますけど。
(これ、結構頻繁に食べてます。マック=ソフトな人なので、私)

ハローキティーといえば、最近始まった、セブンイレブンで5ドル以上の買い物をするとマグネット1枚もらえるキャンペーンがやってて、それを必死に集めている同僚がいっぱい。
マクドナルドでは、ハッピーセットでキティーちゃんのミラーを配ってたかな。
こっちでも、キティーちゃんは人気です。

■ケンさん

日本でも、100円で売ってるんですねぇー。
最近、日本のマックでは、小銭が出ないように、全部端数を切り捨てた金額にしたって本当ですか???
 

ダブルフィッシュ!

おもしろいですねぇ。ダブルフィッシュバーガーですかぁ・・・。ちょっとね・・・。
ドナルドのイラストかわいいですね、ちょっと楽しげに捨てているところがGOOD。

ところで先日NHKの英語の番組でシンガポールの独特の英語「シングリッシュ」についての特集を見ました。どうでしょう?やはり地元民の英語でききとれないことってありますか?

これほんとおいしいですよね!日本でも売ってほしぃ~ 食べ物ネタについつい食いついてしまう私 恥っ 

シングリッシュ

■のりさん

ドナルドのイラストかわいいですよね。
私も思わず、写真に納めたくなってしまったくらいですから。

えっと、それからシングリッシュですかー?
こちらに来て4月で1年経ったのですが、今では逆に、アメリカ英語の方が聞き取るのが難しくなってきています。

ただ、こちらに来たばかりの私の頭の中にある英語といえば、アメリカ英語のきれいな発音のみだったので、全く聞き取れず、「コミュニケーションが出来ないやつ」だと散々言われたことがあります。

それに、聞き取れないだけでなく、聞き取ってもらえずに何度も聞き返したり、聞き返されたりの繰り返しでした。正直言って、3ヶ月くらいはへこみっぱなしで、加えて環境の変化も追い討ちをかけて、精神的な偏頭痛に襲われたりしました。

でも、なんとか最近やっとこ、シングリッシュにも慣れてきましたし、英語、中国語、日本語、そして時にはマレー語なんかが入り混じった不思議な会話でなんとかコミュニケーションが取れています。

最初の私は、どう正確に伝えようかだとか、文法違ってたらどうしようとか、発音はきれいなアメリカ発音をしなければだとかを考えすぎていて、結局何も言えずの毎日でした。(ちなみにシンガポールのベースはイギリス英語なのでギャップ大です)

ここで、感じたことは、英語なんて、コミュニケーションの道具であり、正しいとか間違っているという話の前に、使うことが大切だということです。

間違いを恐れてはいけないし、間違っていてもいいんです。身振り手振り、日本語の相づちが入っててもいいんです。なぜなら、英語を勉強しにきているのではないからです。

シンガポールにいるといろいろな文化・言葉が混じっているだけあって、すごくそれを感じます。
また、シンガポール人はそういうのになれているようで、一生懸命に真剣に聞こうとしてくれます。なので、頑張って話せば理解してもらえるのが、シンガポールのいいところです。

ここで、英語自体の能力は正直言って、渡航前より落ちたと思いますが、それ以上にコミュニケーションを取る能力は上がったような気がします。後は自分の努力で再度文法や発音などを勉強すればいいかと思っています。

ということで、かなり話からずれましたが、私が初めて戸惑ったシングリッシュをご紹介しましょう。
(前にもどっかに書いたかもしれませんが)
それは、河童です。カッパ。
まさに日本語のカッパの発音そのままなのですが、これはこちらで「CAR PARK」の発音です。

これには、ホント参りました。あとは、「カッ」とか。
これは「CARD」の発音。

とにかく、何でも短く発音することが多く、私の頭の中にあるCARDの発音は、英語教材から聞こえてくるあの「カード」だったので、全然想像も付きませんでした...
 

マックのバーガー

■pink-hippoさん

確か、pink-hippoさんもこのバーガー食べられたことあるんでしたよね!
私も見るとついつい、手が出てしまいます。

最近は、うわさの(私的に)てんぷらバーガーとこれとどっちにしようか葛藤することが多いんです。

あー、どっちもおいしいですよぉー。
あと、バーキン(日本にはもう無い、バーガーキング)も好きです。
 

河童

あー 長文のコメント返事ありがとうございます。
記事が一つかけますね( ・∀・)
「河童」とか「カッ」なんてわかりませんねぇ。確か番組でも、あるシンガポール人の会話のなかで「カー」といっていたのを 何を言ったかわかりましたか?ってプチ問題でてました。確か答えはKindだったはず。単語の末尾をはっきり言わないようですね。
でもそんな世界でも コミュニケーションできるようになった まう さんは凄いっス。

パリッ

■のりさん

おはようございます。
超長いコメント読んで頂きありがとうでした。
いやー、勢い余って書きすぎました(^^;)

確かに、kindでも「カー」って言うかもしれませんねぇー。
私が仕事して最初にわからなかったのが、「パリッ」でした。
これ、「PART LIST」のことだったんです。
とにかく、アクセントがパとリに強くあり、後は語尾があるような無いような。私の知っている「PART LIST」はパーツリストだったので、これまた???な世界でした...(笑)
 
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。